株式会社上武

マテリアルリサイクル

木くず、がれき類を資源として再生させることで
「廃棄物の削減」「循環社会の構築」に貢献しています。

マテリアルリサイクル部は廃棄物の削減と地球環境の維持・再生を促進する「循環社会」の構築をめざし、廃棄物(木くず・ガラスくず・コンクリートくず・陶磁器くず、がれき類)の中間処理、リサイクルおよび収集運搬を推進しています。


がれき類処理施設


木くず処理施設

木くず

建物の解体や工場から発生する木くずやパレット、伐採した樹木などの生木(事業系一般廃棄物)を受け入れています。受け入れた木くずは、プラスチック類や紙くず、さらにはリサイクルに適さない合板などを取り除いた後、機械で細かく破砕し、木くずチップに加工します。これらのリサイクル製品は、パルプ用原料や発電用燃料、牛舎・豚舎の敷料などのたい肥原料に利用されています。

がれき類

建物や構築物の解体から発生するコンクリートくず・陶磁器くず、がれき類などを受け入れています。がれき類は、鉄筋などの混入物を取り除く分別作業を行った後、機械で破砕。さらに道路舗装用再生路盤材など、用途に合わせた粒度調整を行い、土木建築材料として販売しています。

許可品目
業区分 都道府県・市 許可番号 許可項目
汚泥
プラ

くず

くず
繊維
くず
ゴム
くず
金属
くず
※ガラス・コンクリート・陶磁器くず がれき
産業廃棄物処分業 埼玉県 01120033329            
産業廃棄物収集運搬業 埼玉県 01103033329
東京都 13-00-033329
群馬県 01000033329
前橋市 11400033329

※がれき類及び自動車廃棄物除く

業区分 地域 許可番号 許可品目
一般廃棄物処分業 埼玉秩父広域 3003 天然木(剪定枝、枝、枝根)
一般廃棄物収集運搬業 埼玉秩父広域 1038 天然木(剪定枝、枝、枝根)
処理フロー
処理フロー図
環境保全への取り組み
ISO14001に基づく環境活動を推進
当社は、環境負荷を削減し、循環社会の構築に貢献する企業として、自らの事業活動においても環境負荷低減を図り、廃棄物の削減と再利用、再生化を積極的に進めています。また、2007年には環境管理の国際規格ISO14001認証を取得し、継続的な環境活動を展開しています。
▲ページの先頭へ